寝起きに口のにおいが最も強く感じられるのは、誰でも同じです。では、寝起きはなぜ口が臭いのでしょうか?これは、口臭の原因としては一番多い、生理的口臭によるものです。そして、この生理的口のにおいの原因になるのが、細菌の繁殖によるVSCという揮発性硫黄化合物です。このVSCが、睡眠中に口の中で多く発生するために、寝起きは口臭が気だと言われています。睡眠中は、自然と唾液の分泌が抑得られるはずです。この為、口の中の唾液の量が減り、濃度が高まってネバネバになってしまいます。また、鼻づまりやいびきなどで口呼吸になってしまいいると、口内が乾燥してよけいにネバネバ唾液になります。このような原因で唾液がネバネバした状態の中では、VSCのガスが盛んに作られてしまうはずです。日中は唾液の量が十分なので、細菌も洗い流され、ガスの発生も抑制されるのですが、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)中は如何してもそれができないのです。その上、新陳代謝(夏目漱石が造った言葉だという説もありますが、真偽のほどは定かではありません)によって剥がれ落ちる口内の粘膜も、口のにおいの原因菌のエサだと言われているのですし、虫歯や歯周病があると、寝ている間に細菌がどんどん繁殖します。これも起き抜けの口の臭いの大きな原因になります。対策としては、口呼吸を治すこと、寝る前の丁寧なオーラルケア、虫歯の治療、歯垢や歯石の除去などが考えられます。睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)前に使うマウスウォッシュ(色がつけられていることも多いですね)などを利用して、細菌を減らしておく事も効果的でしょう。寝起きの口臭は、ある程度仕方のないことと諦めて、そんなに気にしないことも重要となってきますー